瀬戸内産 レモン

レモン (学名:Citrus limon)

瀬戸内は国内No.1の生産量を誇るレモンの産地です。
レモンは寒さに弱く、寒冷な気候では枯れてしまいますが、瀬戸内沿岸の地域は年間を通して温暖です。さらに雨が少なく 水はけの良い地質で、古くから柑橘の栽培に適していることで知られています。
日本で取り扱われるレモンの多くは海外産ですが、近年、国内の栽培面積は拡大傾向にあります。国産レモンは樹上で熟し流通するため、おいしさを損なわずに加工したり、味わうことができる点が最大の魅力です。
瀬戸内産のレモンは、フレッシュな酸味とジューシーな甘さがバランス良く香ります。防カビ剤や防腐剤を使用しないことから、食の安心・安全に注目が集まる今、需要が拡大しています。

文:株式会社丸松 協力

製品の取り扱い
フレーバー
フレグランス

生産者・地域との取り組み

小川香料は2020年10月1日に株式会社丸松と瀬戸内特産物の有効活用に関する事業連携協定を締結致しました。瀬戸内レモンをはじめとした瀬戸内地域の果物の魅力的な香りをお届けいたします。