研究開発

トップページ > 研究開発 > 研究レポート > 口臭予防成分の探索研究

研究レポート

口臭予防成分の探索研究

 生活水準の向上に伴い、人々の口臭に対する関心は著しく高くなっています。これまでに口臭の主成分であるメチルメルカプタンに対する消臭剤として、緑茶やペパーミントなどの植物エキスが使用されてきました。しかし、ヒトでの有効性について十分に検証された消臭剤は少なく、また、消臭効果の測定方法についても迅速な消臭反応を捉えることができないといった課題がありました。 小川香料では、このような課題を解決するため、新たな消臭効果の測定方法を開発するとともに口臭予防成分の探索を進めています。ここでは、これまでに当社から発表された研究の内容をご紹介します。




研究レポート一覧へ このページのトップへ