研究開発

トップページ > 研究開発 > 研究レポート > ワサビ成分の抗う蝕効果

研究レポート

ワサビ成分の抗う蝕効果

増田秀樹*, 井上俊夫*, 小林謡子**
*小川香料株式会社, **小川香料株式会社 健康素材研究所

 今回は、う蝕(虫歯)に着目し、その原因菌であるミュータンス連鎖球菌に対するイソチオシアナート類の効果について報告いたします。 
 下の図が示すように、ラットを用いた抗う蝕実験では、イソチオシアナート類によってう蝕が抑えられることがわかりました。

グラフ

 次に、う蝕を抑えるメカニズムについてです。下のグラフが示すように、イソチオシアナート類の濃度を上げるにつれて歯垢量が抑えられることがわかりました。このことから、イソチオシアナート類がミュータンス連鎖球菌に対し抗菌作用を示した結果、歯垢が生成しにくくなり、う蝕が抑えられたと考えられます。

グラフ

Masuda, H.; Inoue, T.; Kobayashi, Y. Anticaries Effect of Wasabi Components. In Oriental Foods and Herbs: Chemistry and Health Effects; Ho, C.-T., Lin, J.-K., Zheng, Q. Y., Eds.; ACS Symposium Series 859; American Chemical Society: Washington, DC, 2003; pp 142-153.


「論文に関するお問合せ先:小川香料(株)総務部」
pr@ogawa.net

研究レポート一覧へ このページのトップへ