研究開発

トップページ > 研究開発 > 研究レポート > ワサビ成分の口腔内疾患予防効果

研究レポート

ワサビ成分の口腔内疾患予防効果

 ワサビを摩りおろすとツーンとした香りがします。香りの正体はイソチオシアナートという揮発成分です。イソチオシアナート類はワサビを摩りおろした際、酵素反応により生成します。イソチオシアナート類はその独特の香り以外に、抗菌効果をはじめ、種々の生理活性をもっています。

 う蝕(虫歯)や歯周病は、代表的な口腔内疾患とされています。う蝕は原因菌が歯の表面に歯垢(しこう)をつくることから始まります。歯垢内に住みついた原因菌が産生する酸性物質が歯を溶かすことによりう蝕が進行していきます。一方、歯周病は原因菌が毒素や酵素を出しながら歯茎を溶かし、最後は歯が抜け落ちてしまう病気です。

イラスト

 小川香料では口腔内疾患に対するイソチオシアナート類の効果について研究を進めています。ここでは最近発表された論文の内容をご紹介します。

研究レポート一覧へ このページのトップへ