リクルート

トップページ > リクルート > 仕事内容
仕事内容小川香料の主な職種について仕事内容を説明します。  コンサルティング営業職
 研究開発職(技術研究)
 研究開発職(香料開発)
 製造職(生産技術)
 製造職(品質管理)

コンサルティング営業職

お客様と“コラボレートする”という信念の下に、食品や化粧品メーカーの開発担当者様がイメージする風味や香りを具現化し、付加価値の高い商品の開発をお手伝いします。
香りのコーディネーターとして、当社の研究開発部門と緊密に連携を取りながら、お客様の求める香りを提案します。
風味や香りはもちろんですが、市場トレンドにも敏感であったり人の気持ちを汲み取ったりする“嗅覚”も求められます。

このページのトップへ


研究開発職(技術研究)

天然素材から香気成分を取り出す独自技術や化学合成によって付加価値の高いケミカルを生み出す合成技術など、香料や素材をつくる上で根幹となる技術の研究と、それら技術の応用により、エキスや機能性食品素材、香料素材などの開発をおこないます。
新たに見出した素材については、その安全性の検証や、最終商品に近い試作品においての効果の確認も担います。

このページのトップへ


研究開発職(香料開発)


調香師がクリエイティブな感性を駆使して、さまざまな原料の組み合わせから、お客様のご要望にマッチする香りを創りあげます。また、創り出した香りが最終商品において狙った通りの効果を発揮できることを確認するために、実際の最終商品に近い試作品を作ってその検証もおこないます。
調香師は、飲料、冷菓、菓子、調味加工食品などの様々な食品の風味を増強したりおいしさを引き立たせる“フレーバー(食品香料)”の創出に取り組むフレーバリストと、化粧品や、シャンプー、芳香剤、洗剤などのバス・トイレタリー製品などに潤いのある香りを付与する“フレグランス(香粧品香料)”をクリエイトするパヒューマーに分けられます。

このページのトップへ


製造職(生産技術)

“安全・安心”そして“高品質”な製品を安定的に供給することに加え、周辺環境や省エネへの対策も重要なミッションとして捉えて製造技術の確立に取り組みます。

このページのトップへ


製造職(品質管理)

香料は少量でも最終商品の風味や香りに大きな影響を及ぼすので、厳格な品質管理を徹底して実施します。
香気成分に関する専門知識や、ごく僅かな香気の違いをも判別する高度な官能評価能力が要求されます。

このページのトップへ