会社情報

トップページ > 会社情報 > 沿革

沿革 HISTORY

創業1893年。小川香料は、お客様の信頼を何よりの力に、これからも“時代の香り”を創り続けます。

小川家の家紋入り提灯と商紋の入った箱
(創業当時)


小川香料本社
(1934年)


フレーバーの
パンフレット
(1950年頃)


遠心噴霧
乾燥装置
(1960年頃)


東京研究所
(赤羽)
(1965年頃)


製品完成後の
ラベル貼付作業
(1985年頃)


100周年記念式典
(1993年)

 
1893年 芳香原料商小川商店を大阪市東区において創業
1912年 小川商店を法人組織化し、合名会社小川商店を設立
1933年 業容の拡大と将来の飛躍に備えて改組し、株式会社小川香料店を設立
1934年 東京小川商店を開業し、東京への進出を果たす
1939年 東京小川商店、社屋を東京市日本橋区本町四丁目15番地(現、本社所在地)に移転
1943年 商号を小川化工株式会社に改称
1945年 商号を現在の小川香料株式会社に変更
1949年 東京工場開設
1951年 食品香料製造工場建設
1958年 粉末香料の製造開始(遠心噴霧乾燥装置第1号機設置)
1959年 東京工場閉鎖
香粧香料東京研究所、食品香料志村研究所(赤羽)を開設
1970年 通産省より輸出貢献企業の認定を受ける
ベンチュラ社レモン果汁の代理店となる
東京支店を東京本社と改称し、東西両本社制を採用
1977年 RIFM(国際化粧品原料安全研究機関)に加盟
1983年 岡山工場完成、本格操業開始
1993年 創業100周年を迎える
1995年 インドネシアのジャカルタに現地生産拠点として、P.T.Ogawa Indonesiaを設立
1998年 大阪本社を大阪支店と改称し、登記上の本社を東京に移転
1999年 千葉県浦安市に舞浜研究所を開設
2000年 全事業所(当時)でISO9001の認証を取得
2001年 台湾での営業拠点として台北事務所、中国での営業拠点として上海事務所を開設
2002年 中国の上海に現地生産拠点として、小川香料(上海)有限公司を設立
2004年 国内第2の製造拠点として、つくば事業所を開設
2005年 三郁サンダイヤ(株)、東京サンダイヤ(株)、九州サンダイヤ(株)が合併し、サンダイヤ(株)となる
2007年 環境との共生を目指し、岡山工場・つくば事業所でISO14001の認証を取得
2008年 エキス類を含む食品製造専用工場として、つくば事業所第2工場棟を開設
2011年 上海事務所を閉鎖し、小川香料(上海)有限公司に全ての業務を移管
2012年 国内外の生産拠点において、FSSC22000及びISO22000の認証を取得
2013年 Ogawa Flavors & Fragrances (Singapore) Pte.Ltdを設立
台湾小川香料股份有限公司を台北に設立
創業120周年を迎える
2016年 4月 韓国事務所を開設

このページのトップへ