香る花と実

トップページ > 香る花と実 > 花と実の詳細

香る花と実

花と実のイメージ画像

コスタス

【別名/海外名】 木香、Costus(英、仏)

【学名】
Saussurea lappa C. B. Clarke

【分類】 キク科

多年草で根出葉が高さ30~100cmに伸びる。根は木香、唐木香、コスタスルートと称し、医薬として万病に効くと伝えられ、防虫剤としても使用される。古くは薫香料としてインド、中国、日本で使われていた。根からの香料は、独特なアニマルノートを有する。原産地はインド北部のカシミール地方とされ、中国の雲南、インド北部が主産地である。現在は、ワシントン条約により、採取が規制されている。

香る花と実のトップに戻る

※当ホームページ掲載の文章・写真の無断転載は、ご遠慮ください。