事業案内

トップページ > 事業案内 > フレグランスビジネス

FRAGRANCE BUSINESS フレグランスビジネス/香粧品香料

くらしをより快適に変えていく、香りのデザインハウスです。

化粧品やシャンプー、ヘアケア、芳香剤など、くらしのすみずみに快適さと潤いを生む香りを創造するのが、小川香料のフレグランス事業。天然素材の香りを超え、お客様の商品イメージを香りで表現する、クリエイティブな感性が発揮されます。

時代が求める新たな香りを、技術と感性でかたちにします。
新しいイメージを 香りで表現する

 “月の香り”“冬の空の香り”…こうしたキーワードから、どのような香りを想像しますか?小川香料のフレグランス事業の仕事は、お客様の商品コンセプトにあわせたイメージを香りで表現すること。誰もが共感し、同じイメージをわかちあえる香りの開発を進めています。小川香料のフレグランス事業は、すぐれた技術と感性で商品にあわせた“この世でただ一つの香り”を創造する、香りのデザインハウスです。


香りに関わるあらゆる分野を事業領域に

 フレグランス事業は小川香料の出発事業であり、香水や化粧品、石鹸やシャンプーなどのバス・トイレタリー、芳香剤など幅広い商品に豊富な実績を持っています。中でもクルマ用芳香剤では大きなシェアを獲得。香料の機能性がもっとも効果を発揮するヘアカラー、パーマなどの領域でもトップシェアを維持しています。フレグランス事業は、香りのさまざまな可能性をみつめ、事業領域を日用雑貨や建築・建材、医療関連など多様な分野へとひろげていきます。


香りの応用ノウハウを活かして、お客様の商品開発をトータルにこんサルティング。
香りのプロが結集して、求められるイメージを表現します

 お客様の商品イメージを香りで表現するため、フレグランス事業では営業と研究が一体となって製品づくりに取り組みます。営業スタッフがつかんだお客様のニーズや商品コンセプトに基づき、パヒューマー(調香師)グループが香料を処方(調香)。さらにお客様の最終商品を想定したアプリケーション(賦香)を行い、最終的にエバリュエーター(評価グループ)がお客様の視点から香りを官能評価します。香りのプロが結集して、商品イメージにあわせた共感性の高い香りを実現するのです。


香りの応用技術を活かしたコンサルティング

 小川香料のフレグランス事業の特長は、香料を最終商品に応用するアプリケーションにすぐれたノウハウを持つこと。商品イメージにあわせた香りを実現するために、総合的なコンサルティングが可能です。フレグランス事業では、このノウハウを活かし、香料にとどまらない最終商品そのものの企画・提案や、お客様同士のアライアンスなどをサポート。香りの視点からお客様の商品開発をトータルに支援するのが、小川香料のフレグランス事業です。


製品開発の流れ

求められる香料素材の分析から、最適な生産ラインの提案まで。ニーズにあわせてお客様の商品開発をサポートします。

製品開発の流れ

このページのトップへ