事業案内

トップページ > 事業案内 > フレーバービジネス

FLAVOR BUSINESS フレーバービジネス/食品香料

「おいしさ」と「健康」に貢献する、香りのソリューションを提供します。

香りを通して、飲料や食品に新たな付加価値を創造する。
そんな“香りのソリューション”を提供するのが小川香料のフレーバー事業。
小川香料がお届けする付加価値は、おいしさから「健康」や「リラクゼーション」へとひろがっています。

風味豊かな「食」を支える香料を、幅広い分野で提供しています。
飲料や加工食品など、日本の豊かな「食」を支えています

飲料や食品の香りと味を生みだし、おいしさを決定づける香料。小川香料では、加工食品、デザート、お菓子、コーヒー、ジュース、お茶など幅広い分野の製品に対応する香料をお届けしています。特にお茶の分野では、ペットボトルのお茶がない時代から入れたての緑茶香気成分の研究を重ね、「緑茶のことなら小川香料に」というイメージが出来ました。小川香料の実績は、緑茶にとどまらず、多くの飲料・食品メーカーのお客様から高く評価されています。


蓄積された研究成果をもとに、お客様の望み通りの香りを実現

 小川香料のフレーバー事業の強みは、お客様が望む香りのコンセプトにあった香料を、スピーディに開発できることです。小川香料には、長い歴史の中で培った、香りの鍵となる物質についての豊富な研究成果があります。この蓄積を活かし、ニーズにあわせた香料として結実させることで、お客様の商品に期待以上の付加価値を生み出すことが可能です。「本物らしさ」を求める製品づくりはもちろん、多様化するニーズにしっかりと応える製品をご提案します。


あらゆるニーズにワンストップで対応する、お客様と一体化した製品づくり。
お客様との共同作業で、オーダーメイドの香りを開発します

 フレーバー事業の製品は、お客様にあわせた特注品です。営業スタッフがお客様のニーズやオーダーを的確につかんだ上で、研究開発スタッフやフレーバリスト(調香師)がお客様の商品のコンセプトにあわせた香りをかたちにします。さらに、飲料や食品の最終商品に近い試作サンプルを作成し、お客様に提案します。このプロセスの中で、お客様が製品づくりの場に参加し、求める香りのイメージを共有しながら作業を進めるのが小川香料の特長。お客様との共同作業により、文字通りオーダーメイドの香りが生まれます。


健康やリラクゼーションへとひろがる、香りのソリューション

 フレーバー事業では、お客様にあわせた製品づくりを加速するため、「コンサルティング能力」「対応力」「情報力」を最大限に発揮し、お客様のブランドイメージや市場動向まで考慮した提案を行っています。また、従来の「香り」や「味」にとどまらず、健康や癒し、持続性、マスキングなど最終商品に新しい付加価値を創造する機能性の香料を積極的に開発し、提案しています。お客様のあらゆるニーズにお応えし、商品に多様な価値を生み出す、香りのワンストップ・ソリューションが小川香料から始まっているのです。


製品開発体制

豊富な実績を持つ専門チームが、ニーズをつかみ研究活動を推進。お客様にあわせた製品開発をスピードアップします。

製品開発体制

このページのトップへ